HOME  >  猫の栄養学  >  ビタミン

ビタミン

ビタミンは体の中で、タンパク質、脂肪、ミネラルなどの代謝に大きく関係し、成長や健康維持などの役割を担っています。ビタミンにも多くの種類があり、その機能もそれぞれ異なります。

猫のビタミン必要量は人や犬と比較して全体的に多いのですが、その中でも特にビタミンAとビタミンB群を多く必要とするのが特徴です。

人や犬は緑黄色野菜などに含まれるβカロチンをビタミンAに変換します。しかし、猫にはこの能力がありません。ビタミンAを含む動物性食材から直接とります。

また、タンパク質や脂肪の多い食事をとる猫にとって、その代謝に関係しているビタミンB群の必要量も多いのです。

スポンサーリンク